*雑誌*「たのしいなつのえほん」「げんきいっぱい なつやすみ」

こどものくに「たのしいなつのえほん」「げんきいっぱい なつやすみ」(すずき出版)の中のお話に、絵を描きました。

 

 

「そらをとんだぞう 」

仏教のお話。

こどものくに「たのしいなつのえほん」に掲載。

 

「へっぴりよめご 」

日本の民話です。

「たのしいなつのえほん」「げんきいっぱい なつやすみ」に掲載。

 

| 絵の仕事 | 16:34 | - | -
illustration file2019 上巻 に載ってます

illustration file2019 上巻(玄光社) に掲載されています。

 

よろしくお願いしますー。

「みどりちゃんの たからもの」は、お話もつくっております。

 

 

 

| お知らせ | 14:58 | - | -
おしえて!コロ和尚「こどものどうとく」2冊同時発売

おしえて!コロ和尚「こどものどうとく」

”人のきもちがわかる子になる!” ”みんなのルールが守れる子になる!”

(日本能率協会マネジメントセンター)

 

仏教の教えを元に、犬のコロ和尚が子どもたちの生活の悩みや疑問、モヤモヤ〜に答えてくれる絵本。

 

2冊同時に発売しました。

 

小学生の低学年前後の子どもたちをモデルにたくさん描きました〜。

 

6人のメインキャラクターにサブキャラクター数人がなんども出てきます。

 

同じ子が別人に見えていませんように…。

 

 

小さい頃は今よりもっとずっと自分の気持ちを言葉にできなかったなー。

 

そういう子が「自分のモヤモヤはこれだ」っていうのをこの絵本の中に見つけて、

 

少しでも気持ちが晴れるきっかけになってくれたらいいんだけど。

 

 

JMAM出版サイトから試し読みもできます。

人のきもちがわかる子になる!

みんなのルールが守れる子になる!

 

(企画・編集:オフィス303)

 

ちなみにコロ和尚が首から下げているのは数珠です。

 

 

 

帯には監修の釈徹宗先生が登場。

↓全ページイラスト入りです。一部をご紹介。

子どもたちは、公園にいるコロ和尚に悩みを打ち明けにいくのです。

 

どうして手伝いなんかしなくちゃいけないの? あきら

 

先生はどんな時でも正しいの? なおみ

 

だれにも迷惑かけなければ、ルールは守らなくてもいい? たけし

 

自分が気に入らないあだ名をつけられたら、どうしたらいいの? みずき

 

人によってたいどを変えるのって…    ゆうか

 

そしてこれはゆうかと同じマンションの鈴木さんが自転車を揃えてくれているシーン。

「え!じゃ、自転車描かねば…」と苦手な自転車描いたので載せておきます。

| 絵の仕事 | 18:53 | - | -
もろもろグループ展 ありがとうございました

今更ではありますが、「ILLUSTRATION WAVE VOL.1 2018 」、「オーパーク2064」展、「水と色鉛筆」巡回展にお越しいただいた皆さま、ありがとうございました。

 

心より御礼申し上げます。

 

「ILLUSTRATION WAVE VOL.1 2018 」では、広い会場、大勢の参加者のため、ちょっと変わったことしようとフリース素材で壁掛けのようなモノをつくりました。弱くて頼りないけど一生懸命な風神雷神です。

素材感を利用して、ところどころ浮かして縫ったりして飛んでる雰囲気を出してみたりしました。

 

いつかもっと狂ったような作品をつくりたい。

 

 

「オーパーク2064」展は、2064年の青山で、全く別の人になりきって作品を発表するということでしたが、私が扮した「マーガレット」さんのプロフィールはだいたい私のことであります。

 

「風神雷神」の後で派手な色を使いたくなり、蛍光色でまとめました。

 

 

| お知らせ | 17:58 | - | -
「水と色鉛筆」展 巡回のお知らせ

今年7月にglleryDAZZLEで開催した「水と色鉛筆」展のうち82作品を、
水彩色鉛筆をご提供いただいたファーバーカステルの店舗で展示することになりました。
スペースの都合上、6会期に分けた作品入れ替え制の展示となります。

 

私の作品は、12/3(月)~10(月) の期間展示されます。

 

同じ期間に展示されるメンバーはこちら↓

●赤池佳江子 ●浅妻健司 ●あずみ虫 ●網中いづる ●いざわ直子 ●井筒りつこ ●伊野孝行 ●大久保厚子 ●オカダミカ/micca  ●小笠原 徹 ●奥原しんこ ●音部訓子 ●海谷泰水  

 

六本木界隈、乃木坂界隈にお越しの際は、どうぞお立ち寄りください。

 

 

会場: ファーバーカステル 東京ミッドタウン店

   東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウンガレリア3階
   都営大江戸線「六本木駅」8番出口直結、東京メトロ日比谷線「六本木駅」地下通路にて直結

   東京メトロ千代田線「乃木坂駅」3番出口より徒歩約3分

 

会期 :2018年12月3日(月)~2019年1月24日(木) 11:00~21:00
   2019年1月1日は東京ミッドタウン全館休業日

 

| お知らせ | 12:33 | - | -
グループ展参加のお知らせ 『オーパーク2064』展

今年もタラジロウさん企画のグループ展に参加します。

 

参加の皆さん、全く別のアーチストになりきって作品を作るのです。

 

私は日本在住の外国人主婦、マーガレットさんとして何かつくります。

 

 

 

『オーパーク2064』展

 

2018年11月23日[金] - - - - 28日[水]

 

11:00 - - - - - - - 19:00[初日,最終日は17:00まで]

[オーパーク・ナイト]初日,17:30 - 19:30

 

O P A g a l l e r y

 

| お知らせ | 17:00 | - | -
ILLUSTRATION WAVE VOL.1 2018 参加のお知らせ

「ILLUSTRATION WAVE VOL.1 2018 」

 

総勢222名という大規模なイラストレーションの展覧会が開催されます。

 

そこに私も参加します。

 

フリース素材を使った新作出します。

 

 

初日はオープニングセレモニーもありますので、お誘い合わせの上どうぞお越しくださいませ。

 

3331アーツ千代田ホームページ

 

 

 

日程:

2018年10月27日(土)〜2018年11月04日(日)

時間:

11:00-20:00

備考:

最終日18:00閉館

休み:

会期中無休

料金:

一般800円 / 65歳以上、高校生以下無料 ※障害者手帳をお持ちの方とその付き添いの方1名は無料、当日に限り出入り自由

会場:

3331アーツ千代田 1F メインギャラリー
期間中 トークセッションが開催されます、3331
アーツ千代田ホームページにてご確認ください

 

 

 

 

| お知らせ | 11:57 | - | -
展示のお知らせ『 FABER_CASTELL☓gallery DAZZLE☓TIS 』

『 FABER_CASTELL☓gallery DAZZLE☓TIS 』

 

ファーバーカステル水彩色鉛筆を使用し、132名のTIS会員が自由なテーマで制 作した作品を展示します。
 

「水と色鉛筆」
2018.7/24日(火)-29日(日)会期中無休
12-19時(最終日17時まで)
gallery DAZZLE

 

私もこんな絵で参加します。

 

小さいです。

 

 

 追記:無事終了いたしました。ご来場ありがとうございました。

 

 

| お知らせ | 15:13 | - | -
映画「モリのいる場所」

若干平均年齢高めの映画館で、クスクスと笑って観ました。

 

楽しいことばかりじゃないけれど、あれやこれや、せわしなくて楽しそうでした。

 

いいなぁ。

 

途中で、「あ!まだ次の日になってなかったんだ。そうだ、1日の話だった…」

 

と気づいた。

 

| やすみじかん〜日常ヘン | 15:37 | - | -
福島とこけしとUFO の旅  その3(最終回)

 

最終日の朝は、雨だった。

 

宿の人たちにわぁ〜と手を振られ、見送られ、目的地に向かう。

 

すると私のスマホに着信。

さっき出て来た宿からだ。

 

「あのう、お支払いがまだでした…。」

「え!?」

 

ネット予約した時、カードで払ったよね?

ちゃんとフロントへ行ってチェックアウトしたよね?

二重取りじゃないよね?

あんなにいい感じの宿がまさか…。

 

ワーっと考えたものの、とりあえず戻ることにする。

聞けば今回予約したプランは現金払いが条件だったらしい。

 

私はいつも買い物をしている大手サイトから予約したので、すっかりカード払いしたと思っていた。

車の中で予約ページを確認すると、ちゃんと「現金払い」と書いてあった。

全く読んでなかった。。。

自信満々の態度でチェックアウトしていたからなのか、フロントの人も勘違い?

 

到着してお支払いする。宿の人も恐縮してお菓子のお土産をくれた。

どうもすみません。。

 

そしてもう一度、お見送りからやり直し。

 

やっと目的地に向かう。

 

*************************

 

 

到着したそこは、

UFOふれあい館!

 

全く知らなかったけど、

この辺は、「UFOの里として広く知られている」のだ。

 

受付にUFOこけし♪

 

 

 

撮影スポット。

 

暗い通路に現れた宇宙人。

向かいの壁には、80年代に撮られたようなUFO番組?がモニターに。

 

UFO研究のパイオニアとして知られる荒井欣一さんから寄贈されたUFO軍団。

 

色々なUFOのモデルの展示や、UFO写真、宇宙人目撃情報…

 

昔よくやっていたUFO番組で見たような情報ばかりで「わ〜これ覚えてる!」と、懐かしくなる。

 

 

 

そして、宇宙エリア。ポツンポツンと宇宙人が配置されている。

 

明らかに空間を持て余している。

 

天井が… 現実感。

 

 

絶妙なセンスの宇宙人たち。

どうか、このままでいて…。

 

 

一通り観てまわって、2階も覗いてみる。

休憩用のフツーの和室に「宇宙の間」とか書いてある。

 

展望風呂もあって、入場料だけで入ることができるという。

こんなところで入る人いるのかなぁ…と思いつつ、外に出る。

 

雨はいつの間にか止んでいた。

 

正面に「千貫森」への入り口がある。

 

1階の3Dシアターで観たのだけれど、千貫森には、

「UFOの基地かも?」「磁力がすんごい」「ピラミッド的な巨石がたくさんあってパワーが出ている」とか神秘的なことを言っていたので、軽く「登ろう〜」とUFO道へ入っていく。

 

 

すると、

登っても登ってもなかなか頂上に着かない。(なんだかデジャヴ…)

雨上がりの湿気で汗が吹き出る。

だからふれあい館にお風呂があるのか〜。

 

ところどころに、↑宇宙人メイラの仲間達がいたけど、疲れて写真撮る余裕なし。

 

 

 

でもやっとの思いで頂上に出ると、展望台もあって、眺めはいい!

 

宇宙からのパワーを受ける。

 

暑い時期にここに来るなら、まずは千貫森に登って、UFOふれあい館の展望風呂で汗を流すのがいいのかも?

 

 

この後、ふれあい館の向かい、駐車場の隣の「UFO物産館」へ行ったけど、期待したUFOグッズは見つからず。

あのUFOこけしがあったらよかったのにー。

 

物産館を出て車に乗ろうとしていると、次々車がやって来た。

 

やっぱり気になるもんね。

 

期待せず、ハードルをぐっと下げて行くのが大事。

 

ツッコミどころ満載で楽しめます。

 

 

*************************

 

 

次は「あぶくま洞」に向かう。

 

そこはでっかい鍾乳洞。

 

鍾乳洞って、何か巨大生物の体の中にいる感覚。

 

あの滴る水を触ると体が溶け出し、洞内パニック!な光景を想像したりしながら歩く。

 

 

*************************

 

その後、いわき石炭・化石館「ほるる」へ行く。

 

いわきに炭鉱あったのか…と初めて知った気分のなっていたけど、そういえば、映画「フラガール」に描かれていたではないの。

 

 

 

石炭のエリアに入ると、古い時代から現代まで順に石炭の掘り方がマネキン人形(?)を使って再現されていて、すごくわかりやすい!

そしてなんだか胸おどる。

 

私はこういう、マネキンの再現展示が好きなのかしら?なんなのかしら?

 

何年か前に行った佐渡金山を思い出した。そこも再現がすごくてよかったなぁ。

 

 

 

次に、化石のエリアへ行く。

 

思ってた以上に大きくて立派な巨大生物の化石がいっぱい。

 

世界の化石が集まっている。

 

中でも巨大ナマケモノの化石にびっくり。

 

6mのナマケモノがいたのか…。

 

(実際の展示は骨の化石のみ)

 

 

*************************

 

と、ここまでで夕方になってしまった。

お昼も食べずに。もう腹ペコ。

ご飯を食べて帰ることにする。

 

せっかくなので海の幸で締めたい。

でも午後5時前なので、ほとんどのお店がやっていない…。

 

あれこれ探して、なんとか魚屋さんがやっているお店「海幸」を見つけて入る。

 

すると、すでに1階は満席。

2階の座敷も予約があるらしく、その時間までなら、と言われたけど、

私たちはお酒を飲まないので余裕の時間。

席に案内してもらって、煮魚+刺身の定食と悩んだ末、刺身だけの「海幸刺身定食」を頼んだ。

 

来た定食には、厚みが1センチから1.5センチくらいある刺身が10種類てんこ盛りで乗って来た。

普通の居酒屋だと3〜4人前で出て来そう。

他にブリのあら煮、小鉢3つ、味噌汁、そしてご飯が付く。

 

煮魚付きにしていたら大変だった。これにしておいてよかった。。。

 

一心不乱に食べてお腹いっぱい。

あっという間に食べて、お会計となりました。

 

板からはみ出るお刺身たち。

 

 

そのまま家に帰る…と思いきや、何が何でもデザートを食べたいというオット。

こんなにお腹いっぱいなのに。

喫茶店を探して見つからないので、無理やりファミレス仕様のカフェに入り、

ケーキをほおばる。

 

 

そしてようやく家路へ向かったのでした。

 

 

 

 

*************************

 

 

これで今回の福島旅行はおしまい。

 

 

もっと短くまとめようと思ったのになんだか長くなってしまいました。

 

最後まで観てくださった方々、どうもありがとうございました。

 

 

その1はこちら

 

その2はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| やすみじかん〜旅ヘン | 17:07 | - | -