<< ついに発売!買おう! 絵本「みんなともだち」作:二宮由紀子 絵:海谷泰水(教育画劇) | main | *予告*LINE スタンプ ただいま申請中〜 >>
絵本「とびっきりのごちそう」とローリー

先日、世田谷パブリックシアターのシアタートラムへ行ってきました。

なぜかといえば、この日のイベント「子どもとおとなのための◎読み聞かせ『お話の森』」で私の著作絵本、「とびっきりのごちそう」が読まれると知ったから。

読み手はROLLY。そう、元すかんちのボーカル、ローリーですよ。(呼び捨てですみません。でもなんだかさん付けが合わないのでそのままいきます)

わーいどんな風に読んでくれるのかしらん?ワクワクしながらオットと会場へ向かいました。

 

このイベントは毎年やっているらしく、今年は追加公演も出て盛況だった模様です。

親子に混じってローリーのファンらしい人もちらほら見えました。

 

舞台にはエレキギターとMacと大きなスクリーン。

そこでローリーが音楽など交えて楽しく読んでくれるのです。

 

スモーク焚いたり照明も音響もちゃーんとしていて「ヘェェ〜すごい!」と思いました。

ここで読まれた絵本は全部で7冊。どれも面白い。知ってるのもあれば、こんなおかしな絵本あったのか!という発見も。

 

「とびっきりのごちそう」は2冊目に登場しました。

観客に笑ってもらってホッとする。。大スクリーンでは伝わりにくい部分もあるけど、そこはローリーがツッコミを入れてくれたりして、なんだかうれしい。なんだか興奮。ありがとうローリー。

 

上演後、担当の方がローリーの控え室へ案内してくれるという。

たじろぐ私の横でオットが「行きましょう〜」と楽しそうに言っている。

そうだな、こんな機会はそうないし、と行くことにしました。

 

ご挨拶、握手、ちょっとお話ししたら「写真でも撮りますか?」と言ってくれて、お言葉にあまえる。

ローリーは脱いでいたジャケットを着なおして、絵本を用意してくれてパチリ。やさしいなぁ、ローリー。

 

ロビーではその日読まれた絵本も販売されていたけれど、「とびっきりのごちそう」は出版社がかなしいことになってしまったので販売不可能。はぁ〜〜〜。誰か、再販していただけませんか…。

 

 

ローリーの白目がトルコブルーでびっくりした。黒目でなく白目にカラーって、一体どうなっているんだろう…

(追記:後日写真を拡大して見たら、黒目の中心がクロ、その周りがトルコブルーで、白目は白かった…。動揺して白目に色が付いていると思い込んでしまっておりました…。)

 

 

 

 

 

よい経験しました。絵本をチョイスしてくれた、世田谷パブリックシアターの方に感謝です!

 

 

| やすみじかん〜日常ヘン | 19:17 | - | -